JR河内磐船駅より徒歩3分駐車場完備20時まで診療

ご予約・お問合せ072-808-8572

診療時間 9:30~13:00/15:00~20:00

木曜日・日曜日・祝日は休診(祝日のある週は木曜日に振替診療する場合があります)

一般/小児歯科

対話を大切にしています

良好な治療結果は、患者さまと歯科医師との信頼関係があってこそだと考えています。

患者さまにとって満足のいく治療結果になるよう、お口に関するお悩みやお困りごと、ご要望をしっかりと聞き、 最善の治療計画を立案致します。

治療方法について、口腔内カメラで実際の歯の状況をご確認頂きながら分かりやすくご説明することを心がけていますが、 分かりにくい点、ご納得いかない点はお気軽にご相談下さい。 最良の治療結果を導けるよう最善を尽くします。

お口の状況を確認できる口腔内カメラ

むし歯の治療は出来るだけ早めに

ごくごく初期のむし歯は、削ることなくフッ素の塗布や適切なブラッシングで治癒できる可能性があります。 むし歯の進行が進むにつれ、歯を削る量が増え治療期間も長く治療費も高くなってしまいます。

一度削ってしまった歯は元に戻りませんので、出来るだけ削らないよう、 歯が少し白く濁ってきたかな?という段階でご来院頂くことをお勧めします。

  • 初期のむし歯
    (C0)

    歯が少し白く濁った状態になります。ブラッシングやフッ素塗布で治癒できる可能性があります。

  • エナメル質のむし歯
    (C1)

    エナメル質に浅い穴があいた状態です。少しだけ歯を削ってプラスチックレジンを詰めます。

  • 象牙質のむし歯
    (C2)

    冷たいものや熱いものがしみるようになります。大きく歯を削って詰め物や被せ物を作ります。

  • 神経まで達したむし歯
    (C3)

    むし歯が神経まで達している状態でひどく痛みます。神経を取り根管治療が必要になります。

  • 歯の根まで達したむし歯
    (C4)

    歯がほとんどがむし歯になってしまった状態です。抜歯する可能性もあり、治療期間も長くなります。

お薬で治す歯周病治療

歯周病治療は、ブラッシング指導と歯石除去などの歯のまわりの掃除を定期的に行っていくことが一般的な治療です。

ところが、例えば綺麗に掃除を行い歯周病が改善しても、お口の中の歯周病菌が完全に無くならない限り、再発してしまう可能性があります。

そのため当クリニックでは、位相差顕微鏡を使用した治療も行っています。 位相差顕微鏡でお口の中の歯周病菌の量や種類などを確認し、菌に効果のある特殊なうがい薬や内服薬を処方して原因菌を除去し再発を予防します。

歯周病菌を確認できる位相差顕微鏡

出来る限り痛みの少ない治療を

歯科治療の痛みが苦手でなかなか歯医者に行く決心がつかない方へ。 現在の治療は、歯科医の技術と最新の設備で、出来る限り痛みを抑えて治療することが可能になりました。

麻酔を注射することが怖い方でも、電動麻酔などを使い、極細針でゆっくりと麻酔液を注入することで、ほとんど痛みを感じません。

痛みの感じ方には個人差がありますので、100%痛くないとは言えませんが、痛みが苦手な方は、遠慮なくご相談下さい。

麻酔液を一定速度で注入する電動麻酔

保険で出来る白い歯

銀歯が気になる方へ、前歯から数えて4番目と5番目の小臼歯だけですが、金属を使用しない素材でできたCAD/CAM冠(コンピューターによる設計・加工された冠)が保険適用になりました。

使用する歯科素材は、歯科用プラスチック(レジン)にセラミック(陶器)を混ぜたハイブリッドセラミックのみとなります。 ハイブリッドセラミックは長期的にみると変色する可能性がありますが、銀歯と比べて審美性に優れていますし、金属を一切使用しませんので金属アレルギーの方にも安心です。

お子さんの歯の治療と予防

初めてご来院されるお子さんにとって、歯医者は怖いものに感じてしまうかもしれません。 そのため、治療ができないほど泣いて嫌がるお子さんもいらっしゃいます。

その場合は、無理に治療せずに、まずは歯医者に慣れてもらうように心がけています。 「治療ができるかな?」とお悩みの保護者の方。ご心配なさらず、お気軽にご来院下さい。

捕食の大切さ

これから離乳食を始めようと考えていらっしゃる保護者の方へ。 離乳の初期段階は「捕食」といって唇で食べ物を取り込む練習をする時期です。 この時期に食べ物をスプーンで口の中まで入れてしまうと、子どもは噛まずにそのまま飲み込むことを覚えてしまいます。 これでは、食べ物を噛む力を鍛えることが出来ません。

よく噛むことは顎の発育を助け、結果歯並びが良くなります。 よく噛めば唾液もたくさん出ますので、虫歯予防にもつながります。 また、脳の血流が増加して脳の働きを活発にさせるなど、多くのメリットがあります。

離乳食を与える際は、食べ物をスプーンの先端にのせ、 子どもの下唇に置き、唇を閉じて食べ物を取り込む「捕食」の練習を意識してみて下さい。

お子さんの虫歯予防に

  • フッ素塗布

    乳歯は永久歯よりもエナメル質が薄いため、虫歯になってしまうと早く進行します。 フッ素を塗布することでエナメル質を強くし、虫歯を予防します。

  • シーラント

    奥の乳歯が生えてきたら、奥歯の溝の部分に樹脂を流し込んで虫歯を予防する方法です。 歯を削ることなく短時間で終了しますので、小さなお子さんでも治療することが可能です。